logo

サイバーノイズ、2D画像から3D風アニメを作成できる「Live2d」の先行販売を開始 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「マンガの世界は、そもそも3D空間では表現することができません」とサイバーノイズ代表取締役の中城哲也氏はこのようにコメントする。

 「たとえばドラえもんに登場する『スネ夫』の髪型などは、正確に3Dモデルを作成しようと思っても、作品として無理な形状になってしまいます。マンガやアニメ表現は、それに適したアニメーション手法が求められいるのです」。

 今回発売するLive2Dは、モデルを作成する高性能ベクターエディタ「Live2D Modeler」とアニメーションを作成する「Live2D Animator」とで構成。アニメーション時に見劣りしないような微妙な書き込みができるのが特徴。オブジェクトを多数のパラメータと連動して変化させることで、立体的な表現を映像にできるという。

 作成アニメはQuickTime形式の動画やGIFおよびPNG形式の画像として保存できる。対応OSは、Windows/Mac OS X。6月1日から以下の価格で販売を開始する。

 サイバーノイズは今後、作成した映像をYouTubeにアップロードする機能や、海外版の展開を検討しつつ、年間で1000本の販売を目標としている。

「Live2D」価格

  • Live2D Animator…9800円(先行販売は4800円)
  • Live2D Modeler…2万3800円(先行販売は1万7800円)
  • Live2D Animator/Modelerセット…2万9800円(先行販売は1万9800円)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]