グーグル、ロゴを一部変更--小文字と青色のフォントを統一的に使用へ

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年05月22日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「ユーザーエクスペリエンスの合理化」を狙い、複数の同社人気サービスにおいてロゴを変更するという。

 小文字のテキストと統一的な青色のフォントを使ったロゴが、どの程度ユーザーエクスペリエンスの合理化につながるかは、筆者には不明だ。しかし、GoogleのMarissa Mayer氏とJamie Devine氏はブログ投稿で、現在は特定の製品で異なる形やサイズのGoogleロゴが使われているとして、一貫したサイズ、フォント、スタイルに移行することにより、「ユーザーは、どのサイトにいるかを認知しやすくなる。また目的の場所に移動する際のナビゲーションが容易になる」と述べている。だが、Google Mapsに来たユーザーが、Google MapsにいるのかGoogle Newsにいるのか分からなくなってしまうのは、Googleがロゴのフォントとサイズ、色を統一していなかったからだ、と考えるのは少し拡大解釈のし過ぎではないかと思える。

video ads 改定後の新ロゴ(提供:Google)

 いずれにしても、新しいロゴは現在、「Google Code」「Google Labs」「Google Moderator」のサイトで見つけることができ、Google全体で順次使われていく予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加