携帯電話をウェブサーバ化する「ServersMan」がWindows Mobileに対応

永井美智子(編集部)2009年05月15日 17時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリービットは5月14日、携帯電話をウェブサーバとして使えるようにするアプリケーション「ServersMan」のWindows Mobile版を発表した。また、ServersManのiPhone版については、英語版も開始した。

 Windows Mobile版については、専用アプリ「ServersMan Windows Mobile 1.0b」を同社のサイトからダウンロードし、端末にインストールする。その後、同社サイト上で専用アカウントを作成し、設定すると、携帯電話に保存されたテキストファイルや写真、動画などをウェブ上に公開できる。

 ブラウザやメールなどほかのアプリを利用しながら、バックグラウンドでServersManを動かすことが可能。microSDなどの外部メモリもストレージとして認識する。利用料金は無料だ。

 このほか、iPhone 3G向けの「ServersMan iPhone 1.1b」については、日本語版に加えて英語版をリリースした。新たに、ブラウザ上でMP3、m4p形式の楽曲をダウンロードし、iPhoneで視聴できる機能や、ボイスレコーダーのように音声を録音できる機能を加えた。なお、楽曲の再生には専用アプリ「ServersMan Music Player」が必要となる。利用料金は無料。アップルのApp Storeで提供する。

 今後は、Android版についても開発する。すでに試作品はできているとのことだ。また、Windows版については7月までに英語版を、上期中に中国語版を展開する計画としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加