logo

新しい「iPhone」のさらなる仕様が明らかに?--iClarified報道

文:David Martin(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年05月14日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iClarifiedは、中国語の掲示板「WeiPhone」のあるフォーラムユーザーが、まだ発売も発表もされていない新しい「iPhone」のスクリーンショットだという画像を投稿したと報じている。投稿者にはiPhone製造工場であるFoxconnで勤務する友人がおり、その友人が新しいiPhoneを見せてくれたという。

 投稿画像には、MB717LLというiPhoneのモデル番号が示されている。32Gバイトものメモリを搭載し、仕様は以下の通りである。

  • モバイル版「OS X」向けに256MバイトのRAMを搭載(現行バージョンの128Mバイトの2倍)
  • 600MHzの高速CPU(現行バージョンは400MHz)
  • 実際のデジタルコンパスとFMラジオ搭載
  • 3.2メガピクセル、オートフォーカス付きカメラ
  • メディア、アプリ、データ保存用に32Gバイトのメモリ

 さらに同投稿では、新しいiPhoneは現行の「iPhone 3G」とほぼ同サイズで、バッテリーは同一であると説明している。

 このうわさは、現時点ではこれまでにも数多くあったただのうわさの1つにすぎないのだが、今回は事実である可能性がかなり高いのではと考えられる。次のiPhoneでカメラ、ビデオ録画、およびオンボードのビデオ編集機能が改善されるという情報は、既につかんでいるからだ。これらの機能すべてを実現するにはもちろん、より大容量のメモリと高速なプロセッサが必要となる。しかしその一方で、もし次世代iPhoneが本当にこれらの新機能すべてを搭載するとしたら、Appleはバッテリーもアップグレードする必要があるはずだとも思われる。これだけの新機能を搭載すれば、バッテリーをこれまで以上に早く消耗してしまう。

 もちろん、iClarifiedが報じているような画像を偽造するのは難しいことではない。

流出画像 提供:WeiPhone

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集