logo

「秘文」にUSBメモリの持ち出し制御機能などがついた新版、6月30日に登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は、情報漏洩防止製品「秘文」の新版「Ver.9.0」を6月30日より販売する。USBメモリの単位の持ち出し制御や、CD/DVD/Blu-ray Discへの暗号化書き込みに対応した。

 新バージョンではまず、組織で許可されたUSBメモリのみ持ち出しを許可し、他のUSBメモリへの書き込みを禁止できるようにした。これにより、私物USBメモリからの情報漏洩防止やウィルス感染予防などが図れるという。また、赤外線(IrDA)やBluetoothなどを使用したワイヤレス通信によるデータ転送、 USBポートやCOMポートなどに接続するデータ通信ケーブルを使用したデータ転送など、 さまざまなデバイスを利用した不正なファイルの持ち出しを禁止できるようにした。

秘文Ver.9.0 秘文Ver.9.0は持ち出し制御対象範囲を拡大した

 また、「秘文AE Optical Disc Encryption」を導入した企業であれば、CD/DVD/Blu-ray Discなどのメディアへの書き込みを暗号化し、書き込んだファイル名をログとして取得できるようにした。暗号化したディスクは、外部メディアを暗号化する「秘文AE Information Cypher(インフォメーションサイファー)」がインストールされた同一組織のPCのみで読み込めるとのことだ。

 さらに、「秘文AE Information Fortress」でUSBメモリ等の周辺デバイスへの持ち出しを禁止している環境に 「秘文AE ContentsFilter(コンテンツフィルター)」を導入すると、事前に、コンテンツ承認基盤「ContentsGate」で上長が承認したコンテンツしか持ち出せないように設定できる。持ち出しの度にセキュリティ管理者の許可を得る必要がなくなるため、運用管理業務を軽減できるとしている。

 価格はクライアントPC1台あたり、秘文AE Optical Disc Encryptionが4200円、秘文AE ContentsFilterが3150円となる。

-PR-企画特集