logo

シャープ、大口径サブウーハーを搭載した3.1ch「AQUOSオーディオ」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは5月8日、シアターラックシステム「AQUOSオーディオ」を発表した。6月10日より販売を開始する。AQUOSオーディオは「AN-AR510」と「AN-AR410」の2機種で、価格はオープン。市場想定価格はAN-AR510が10万円前後、AN-AR410が9万円前後。

 AQUOSオーディオは、AN-AR510に18cm×1、AN-AR410に16cm×2の大口径サブウーハーを搭載。サブウーハーとして業界最大という230Wの出力を実現したという。

 新開発の高音質10cmスピーカーや、映画などのセリフが聞き取りやすい3.1chシステムを搭載。さらに、ソースに合わせて好みの音質が楽しめる「10種類のサウンドモード」、映画でも音楽でも臨場感のあるサラウンド空間になる「ドルビーバーチャルスピーカー」を搭載し、デジタル放送やBlu-rayビデオソフトなど高音質なコンテンツを迫力のあるサウンドで楽しめるとしている。

 液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイ、AQUOSハイビジョンレコーダーと連携し、リモコン1つで簡単に操作できる「AQUOSファミリンク」にも対応した。

 両機種の最大外形寸法および質量は以下の通り。

  • AN-AR510:幅1350mm×高さ449mm×奥行き434mm、約59kg
  • AN-AR410:幅1100mm×高さ434mm×奥行き469mm、約50kg
「AN-AR510」(左)、「AN-AR410」(右) 「AN-AR510」(左)、「AN-AR410」(右)

-PR-企画特集