logo

[ブックレビュー]“いざ”というときのために--「年収200万円からの貯金生活宣言」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスカヴァー・トゥエンティワン
横山光昭
内容:経済環境の厳しさが叫ばれる今だからこそ、重要視されるキーワード「貯金」。本書は貯金ができないという人向けに正しいお金の管理方法を理解させることで、楽しい貯金生活をサポートするという。

 給料カット、ボーナスなし、昇給なし……そんな先行き不透明の時代には、何かあっても当面は暮らしていけるだけの貯金があれば安心だ。しかし、貯金が大切なことは分かっていても、結局毎月かつかつの生活。いったいどうすればむだをなくして、貯金ができるのだろうか。そんな悩みを持つ人に必要なのは、正しいお金の管理方法を知ることと、それを実践すること。

 実に3800人もの貯金がない人たちの家計を再生させたという、家計再生コンサルタントの横山光昭氏が、貯金のできない人がお金を使ってしまうのは「なぜ」なのか、自分のお金の使い方と性格をおおざっぱに把握するところから始めて、誰でもが貯金体質に変われるように導くのが本書だ。

 使ったお金を「浪費」「消費」「投資」に分け、「いくら」使ったかより「何に」使ったのかを重視することは、他書でも書かれてはいるが、「横山式90日貯金プログラム」によって、「浪費」の部分を減らす具体的な方法が分かり、より実行しやすくなっている。

 また、ともすれば辛いことになってしまう節約や貯金は、本来は将来の夢や目標を叶えるための楽しいことであるという。そのため、夢や目標が具体的な方が、より貯金に身が入るし、むだなお金を使わない習慣を身につけるための原動力になる。

 90日間プログラムを続けてみて、その後すぐに次の90日間プログラムを始めるか、いったん休んでから再開するかは、そのとき決めれば良いそうなので、まずは「実行」あるのみ。いざというときの備えは、楽しい貯金生活から始まる。

-PR-企画特集