[ウェブサービスレビュー]ニュースも画像も一度に検索--MSN「ぜんぶ検索」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフト
内容:ウェブサービスの中でも最も使用頻度の高い検索サービス。その検索が一度に全てできたら……。現在ベータ版として提供されている「ぜんぶ検索」は、検索の手間を省いた一覧性機能を持つ検索サービスだ。

 ぜんぶ検索は、3月にマイクロソフトが公開した検索サイトだ。 グーグルやヤフーといった一般的な検索サイトと違い、ウェブサイトだけではなく、「画像」や「MSN相談箱」「動画」「商品」「ニュース」など、様々な検索が1つの画面上でできる。

 例えば「清水寺」と「ビル・ゲイツ」というキーワードで検索してみると、検索結果のレイアウトが異なって表示される。清水寺では、地図がページ上部に表示されるのに対し、ビル・ゲイツでは相談箱が上位に表示される。これは、検索ワードに対して最も重要性が高いものを上から順番に表示するというロジックを使ってるためで、現在はタレントの名称、ランドマーク的なものを検索する際、表示の順番を切り替えているという。

 この表示方法だと検索ワードによって、検索結果のページレイアウトが異なるので、ユーザーは、どこに何が出力されたのか迷うかもしれない。検索結果の表示については自動的にレイアウトを変更するかをユーザーに選択させる機能もあると便利ではないだろうか。

 ぜんぶ検索には、すべての検索結果が表示されるトップページのほか、相談箱、画像、動画といったジャンルごとの検索結果を表示できるタブが搭載されている。タブをクリックすると、Web、相談箱といった専用ページにリンクされる。

 タブ内の専用ページでは、トップページで制限されていた表示件数以上の情報を一度に閲覧できるため、検索したいキーワードに対して特定のコンテンツに関する情報を知りたいときに便利だ。例えば「iPhoneの画像がみたい」といった場合は、画像タブをクリックすればよい。従来の検索サイトではウェブ検索をした後、再度画像検索し直すなど再検索が必要だったが、そのステップが省かれる。

 ただし、ウェブページ、動画、画像といった、すべての検索結果が同時に出力されるため、通常の検索サイトに比べ、ページの表示にもたつくことがしばしばあった。これは、ライブサーチAPIをマッシュアップすることで提供しているためある程度時間が必要になるとのこと。画像と動画や、Webと相談箱のように、検索したいコンテンツを選択できるようになればなお便利である。

 ぜんぶ検索は、1つの検索ワードに対して多角的な情報を一度に調べられる点が大きなメリットだ。例えば「iPhone」で検索すると相談箱ではiPhoneの契約に関することや使い方、ニュースのカテゴリでは、iPhoneのバージョンアップ情報や最近公開されたアプリなどの最新情報が一度の検索で調べられた。言葉自体の意味を知りたいや、人名検索などでは効率的に情報を収集できる。

 ぜんぶ検索は初心者向けの検索サービスで、情報の一覧性を重視している。そのため「東京駅周辺のレストランの口コミ」や「六本木ヒルズへの行き方」など、知りたい情報がピンポイントの場合は、検索時間もかかるため、一般検索サイトの方が便利だと感じた。

 ピンポイントの情報検索は検索サイト、多くの情報を入手したいときはぜんぶ検索と、うまく使い分けることができれば、日々の検索がより効率的にできるようになるだろう。

  • 「ぜんぶ検索」のトップ画面

  • 「ビル・ゲイツ」の検索結果画面。左端に「WEB」右上に「相談箱」「商品」「画像」「WikiPedia」「動画」「NEWS」といった検索結果が一覧表示された

  • 「清水寺」の検索結果では、相談箱よりも上に「地図」が表示される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加