logo

マイクロソフト、Xbox LIVEで全画面広告を配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月30日、Xbox 360対応のオンラインコミュニティ「Xbox LIVE」上で全画面広告を配信する広告商品、「Xbox LIVE AD」を販売開始した。

 Xbox LIVE ADは、スポンサー専用にフルカスタマイズされたBranded Destination Experience(BDE)と呼ばれる全画面広告や、デジタルアイテムなどの提供を通じ、Xbox LIVEを利用する国内ユーザーに向けて商品やサービスをインタラクティブに訴求できる広告商品だという。

 圧縮レート15Mbpsの高画質動画コンテンツをダウンロードやストリーミングで配信できるほか、BDE内に設置された各メニューから商品やサービスの詳細説明が可能となっている。また、ユーザーがダウンロードして利用できるメニュー背景画像やゲーマーアイコンなどのデジタルアイテムをBDE上から配布できる。

 マイクロソフトでは、Xbox LIVE ADのパイロット版として、ワーナーエンターテイメントジャパンから配給される映画「GOEMON」と「ザ・スピリット」の広告を5月1日から配信するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]