MS、再生PCに正規Windows OSをライセンス提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトが再生PCを販売している再生PC事業者向けに正規のWindows OSライセンスを提供する「Microsoft Authorized Refurbisher(MAR)プログラム」を開始した。国内の主要再生PC事業者9社がプログラムに参加し、正規Windows OSをインストールした再生PCを4月25日から販売開始した。

 MARプログラムは、偽造ソフトウェア防止、ユーザー保護、廃棄物発生抑制を目的として、一定条件を満たした再生PC事業者から出荷される再生PCに対し、再度、Windows OSのリカバリーメディアとCertificate of Authority(COA)ラベルを提供するプログラム。

 初期出荷時点に添付された正規のCOAラベルが添付されており、再生PC事業者により、データの完全消去、動作検証、故障修理が適正に行われた再生PCがプログラムの対象となる。提供OSは、日本語版、英語版、中国語版のWindows XP Professional EditionおよびHome Edition。なお、MARプログラムに沿って商品化した再生PCには、Windows Live Essentialsが搭載される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加