logo

未承諾の広告メールで出会い系サイト運営の男性に改善命令--「改正特定電子メール法」施行後初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は4月22日、未承諾の広告メールを送信した出会い系サイト運営者に対して「改正特定電子メール法」に基づく改善措置を命じた。

 同省によると、今回改善措置命令が通達されたのは、個人で出会い系サイトを運営する男性。この男性は、少なくとも2008年12月1日から2009年4月6日までの間、出会い系サイトの広告・宣伝をする電子メールを、受信者の同意を得ずに送信するなど、改正特定電子メール法違反の事実が認められため、配信方法の改善を命じたという。

 改正特定電子メール法は2008年12月1日に施行。今回の措置命令は、同法施行後の初の適用事例となる。

-PR-企画特集