logo

写真の中から顔を検出し、携帯電話のメニューや待ち受けに加工--フォトハイウェイとモルフォ - (page 2)

岩本有平(編集部)2009年04月23日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでモルフォは通信キャリアなどとライセンスを結び、携帯電話端末へ手ぶれ補正をはじめとした画像処理技術を提供することが多かった。モルフォ代表取締役社長の平賀督基氏は「我々の強みは技術をスクラッチから起こしていること。携帯電話や組み込みだけでなく、黒物家電やサーバサイドでも利用できる」としており、今後は幅広い分野での技術提供を目指す。

 一方のフォトハイウェイジャパンは2000年からPC向けの画像共有サービスを提供し、2001年からは携帯電話向けにもサービスを展開している画像共有サービスの古参企業。今回の新サービス導入について同社代表取締役社長の祖山博史氏は、「2005〜6年頃からメニューの着せかえを作るニーズが高まってきたが、これまではユーザーが自分のためにメニューを作成していた。これを友人同士など『みんなで使うアイテム』として提供することで、ユーザー数の増加につなげたい。そう考えた際、顔写真を加工できることは有効と考えた」としている。また、モルフォが持つ顔検出以外の画像処理技術についても、今後導入を検討中だとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]