「Bluetooth 3.0」仕様が正式発表--大容量のデータ転送可能に

文:Nicole Lee(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年04月22日 16時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Bluetooth 3.0」の仕様が正式に発表された。数週間前に予想した通り、標準化団体Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は現地時間4月21日、「Bluetooth Core Specification Version 3.0 High Speed(Bluetooth 3.0)」を発表した。最新仕様の特徴はWi-Fiとの連動機能だ。Bluetooth 3.0とWi-Fiの両方をサポートした端末では、Bluetoothは端末間のペアリングを行うのに使われ、実際のデータ伝送は端末同士でWi-Fi通信を利用して行われる。この機能は、写真や動画といった大容量のファイルをやりとりする際にとりわけ便利だ。この最新版には、バッテリ時間の持続を支援する電力管理機能が組み込まれ、消費電力節約という特徴も持つ。

 Bluetooth 3.0は後方互換性もあり、AtherosやBroadcomといったチップメーカーがすでに対応に向けて作業を進めている。Bluetooth 3.0を搭載した消費者向け製品は、およそ9〜12カ月前後で市場に登場すると予想されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加