ナナオ、人感センサーなどを備えたワイド液晶ディスプレイ 2機種を発売

エースラッシュ2009年04月21日 18時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナナオは4月21日、省電力運用のための人感センサーや可動範囲が広い新スタンドを採用したワイド液晶ディスプレイ2機種を発表した。5月21日に発売する。

 今回発売されるワイド液晶ディスプレイは、20型「FlexScan EV2023W」と23型「FlexScan EV2303W」の2機種だ。離席時に自動で画面を消す新開発の人感センサー「EcoView Sense」や、周囲の明るさに応じて画面輝度を自動調整する「Auto EcoView」により省電力を実現。2009年3月に発表された国際規格「TCO Displays 5.0」に加え、同社の液晶ディスプレイとして初めて環境ラベルの「EPEAT GOLD」にも適合しているという。

 そのほか、昇降、チルト、スイーベル機構で最適な位置に調整できるスタンド「FlexStand」と「TriStand」を新開発。FlexStandについては業界最大級の225mm昇降やモニタ部の縦回転に対応し、ユーザーの利便性を向上している。

 液晶パネルには、同社初となるアスペクト比16対9のワイドフォーマットを採用。そのほかのスペックは、EV2023Wの解像度が1600×900ドットで、コントラスト比が3000対1。EV2303Wは解像度が1920×1080ドットでコントラスト比が1000対1。最大輝度についてはどちらも250カンデラとなっている。インターフェースはHDCPに対応したDVI-D 24ピンコネクタと、アナログ信号に対応するD-Sub 24ピン(ミニ)コネクタを1系統ずつ装備している。

 価格についてはFlexStand搭載の「EV2023W-H」が3万7800円、TriStand搭載の「EV2023W-T(直販限定モデル)」が3万5800円、「EV2303W-T」は4万4800円となっている。

「FlexScan EV2023W-H」(左)、「FlexScan EV2303W-T」(右) 「FlexScan EV2023W-H」(左)、「FlexScan EV2303W-T」(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加