手のひらをかざすだけで認証完了、富士通研究所が高速撮影技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所は4月17日、動いている手のひらでも静脈認証ができる撮影技術を、世界で初めて開発したと発表した。1ミリ秒(1000分の1秒)程度の撮影時間で従来と同等の高い認証精度を確保でき、手のひらをかざすだけで認証ができるようになるという。

 まず、1ミリ秒程度の短時間の撮影で十分な画質を得られるように、照明の制御や撮影用光学系の構成を最適化した。また、高速撮影モジュールで撮影した連続撮影画像の中から、認証に最適な画像を自動的に識別する機能を新たに開発した。この機能により、従来と同じ認証ソフトウェアをそのまま利用できるという。

手のひらを近づけていく動作の中で認証ができる 手のひらを近づけていく動作の中で認証ができるという

 今回開発した技術により、たとえば非接触ICカードを駅の改札にかざすような感覚で、手のひら静脈による本人認証が可能となるという。同社では今後、撮影モジュールの小型化、低コスト化などを進め、製品化を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加