logo

携帯フィルタリングサービスの利用者数が急増--TCA調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気通信事業者協会(TCA)は4月15日、2009年3月末時点における携帯電話・PHS事業者各社におけるフィルタリングサービス利用者数の集計結果を発表した。

 TCAによると、2009年3月末時点での携帯電話・PHS事業者各社のフィルタリングサービス利用者数は573万2450人。2008年12月末の前回調査の494万9370人に対しておよそ78万人の増加となった。この数字は約40万人増となった、前々回(2008年9月末実施)から前回調査の増加分の倍にあたるペースで、2009年以降急激にサービスの認知・普及が進む様子がうかがえる。

 児童の携帯電話へのフィルタリングサービスの提供は、4月1日に「青少年ネット規制法(青少年が安全に安心して利用できる環境の整備などに関する法律)」が施行され、事業者の義務となった。次回調査では利用者数のさらなる増加が予想される。

-PR-企画特集