logo

新種マルウェアの73%がトロイの木馬--PandaLabsがレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PS Japanは4月14日、PandaLabsによるレポート「PandaLabs第1四半期マルウェアレポート日本語版(2009年1月〜3月)」を公開した。この期間に作成された新種の全マルウェアのうち、トロイの木馬が占める割合は73%に達したという。

 このほか、スパイウェアの増加もトレンドのひとつだった。全体に占める割合は前四半期の2.58%から13.15%まで増加している。

 レポートではこのほか、「Virtumonde」スパイウェアが他のマルウェアよりも多くコンピュータを感染させたことや、トロイの木馬とアドウェアが、引き続き最も広範囲に拡散するタイプのマルウェアとなっていること、「Conficker」ワームが、ほとんどのセキュリティラボにおいて共通の懸念を引き起こしたことなどを挙げている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]