logo

ライブビュー撮影もOKのデジタル一眼「ニコン D5000」

エースラッシュ2009年04月14日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは4月14日、ライブビュー撮影が可能なバリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5000」を発表した。5月1日から発売する。

 D5000は、2.7型バリアングル液晶モニターやライブビュー撮影機能を備えた初心者にも使いやすいデジタル一眼レフカメラだ。液晶は手前に180度に開き、開いた状態で反時計回りに180度、時計回りに90度回転するため、ハイアングルやローアングルはもちろん自分撮りまで自由に撮影できる。

 撮像素子には有効画素数1230万画素のニコンDXフォーマットCMOSセンサーを採用。19種類のシーンモード、動画撮影ができる「Dムービー」、記憶した被写体を自動追尾してピントを合わせる「ターゲット追尾」、「11点フォーカスポイント」採用のAFシステム、カメラ本体での画像編集機能なども搭載している。なお、本体サイズは高さ104mm×幅127mm×奥行き80mmで、重量は約560gだ。

 実売予想価格は、D5000本体が8万5000円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR」付属の「D5000レンズキット」が10万円前後、上記に加えて「AF-S DX VR Zoom NIKKOR ED 55-200mm F4.5-5.6G(IF)」が付属する「D5000ダブルズームキット」は13万円前後となっている。

「ニコン D5000」 「ニコン D5000」

-PR-企画特集