logo

携帯電話を振って本人認証---KDDI研究所、動作認識技術を開発

松田真理(マイカ)2009年04月13日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI研究所は4月10日、東京工業大学羽鳥好律研究室と共同で、加速度センサーを利用した腕振り動作によって本人認証をする動作認識技術を開発したと発表した。また、この技術を携帯電話に搭載した腕振り認証システムを世界で初めて実現したという。

 KDDI研究所では「腕振り動作は本人だけが持つ固有の特徴を反映しているため、他人による再現が難しいことを確認した」としている。万が一、動作パターンが盗み取られた場合にも、新たに別のパターンを再登録することが可能とのことだ。

 また、経時年の変化にも対応するため、最新の動作パターンを反映させ、すでに登録している動作パターンを修正するテンプレート更新機能を備えている。

 加速度センサー搭載型携帯電話に応用した場合、本体を振って、端末内のプライベートフォルダに鍵をかけたり、あらかじめ登録した動作パターンの通りに腕を振って、所有者本人だけがメーラーなどのアプリケーションを起動する、といった機能が考えられるとのこと。今後は、操作性の改善に向け、フィールド実験などをする予定だとしている。

-PR-企画特集