軽微な障害なら5分で復旧--OKINETのサーバデータ復旧ソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OKIネットワークインテグレーション(OKINET)は4月8日、サーバデータ高速復旧ソリューション「サーバBCP支援パック」の販売を開始した。インフォトレンドジャパン、ファルコンストア・ジャパンとのサーバリカバリに関する協業により実現したものだ。

 インフォトレンドのストレージ装置「EonStorシリーズ」と、ファルコンストアの高速リカバリ製品「FalconStor CDP」を利用し、OKINETがシステムインテグレーションを担当する。

 保護対象のサーバに専用ソフトウェアをインストールし、このソフトが定期的、または継続的に変更のあった差分データをブロック単位でバックアップサーバに保存する。WAN越しのバックアップが可能なため、バックアップしたデータを遠隔地に保存して災害対策をとることもできる。

 保護対象のサーバからバックアップしたデータをそのまま仮想ディスクとして参照できる。このため、軽微な障害であればサーバのデータ参照先を変更するだけで、5分でリカバリすることが可能。ウイルスや誤操作のほか災害などによるサーバデータの消失時においても、事業継続に有効なシステムを構築できるとしている。

 標準価格は、最小システム構成で600万円から。ただしシステムインテグレーションや保守の費用は別途かかる。今後3年間で200社へ導入することを販売目標として掲げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加