logo

減少傾向のスパムメール、ついに30%台に突入--ギデオン調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンチウイルス製品を販売しているギデオンの調査によると、日本における総受信メールに対するスパムメールの割合が3月、初めて30%台にまで減少したという。

 同社の解析結果によると、ここ最近スパムメールの数は減少傾向にあり、3月は2月の41%からさらに7ポイント減少して34%になった。スパムメールに対する認識が定着したのが原因ではないかとしている。

 また今後は、日本のプロバイダーによるスパム対策を期待したいと述べ、企業の対策によりさらに減らせる可能性を示唆した。スパムメールの配信元は、中国(13%)、日本(11%)、台湾(8%)、韓国(7%)の順となっている。

-PR-企画特集