logo

米ベライゾン、ソフトバンク、ボーダフォン、中国移動連合に合流--10億人に共通プラットフォーム提供

永井美智子(編集部)2009年04月02日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Verizon Wirelessは4月1日、ソフトバンク、チャイナモバイル(中国移動)、英Vodafone Groupが設立した合弁会社「ジョイント・イノベーション・ラボ」(JIL)に参画すると発表した。携帯電話向けの共通プラットフォームを開発する。

 Verizon WirelessはVerizon CommunicationとVodafoneの合弁会社。Verizon Wirelessの参画により、JILの顧客数は約10億人になるという。

 JILは現在、モバイルウィジェットの共通プラットフォームの開発に取り組んでいる。これにより、スマートフォンだけでなく低価格の携帯電話機にもモバイルウィジェットを搭載させたい考え。また、複数のOSに対応する計画であるという。

 JILは、ソフトウェア開発者向けの開発支援ツールを2009年中に提供する。具体的には、モバイルウィジェット向けの共通規格、開発キット、オンラインストレージのほか、北米、アジア、欧州、アフリカなど70カ国以上のユーザーに向けて製品を配信できる配信/決済機能システムを提供するという。

 このモバイルウィジェットの規格は、セキュリティーが確保された状況下で、アドレス帳、カメラ、位置情報、決済機能といった携帯電話機機能やネットワーク機能にアクセスできるように設計されるとしている。

 Verizon Wireless CEOのLowell McAdam氏は米国で開催されている携帯電話関連の展示会「CTIA 2009」において、記者団かからの質問に対し、「1つのOSに賭ける必要はないと考えている。むしろ、複数のOSにまたがるようなレイヤーにこそ賭けるべきだ」とコメントし、GoogleやMicrosoft、Apple、Nokiaらが繰り広げている携帯電話向けのOS競争からは距離を置く姿勢を示している。

-PR-企画特集