logo

ドコモ、位置情報を活用した情報配信ASPを開始--3キャリアに対応

松田真理(マイカ)2009年03月30日 18時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月31日より、携帯電話の位置情報と連動したASPサービス「次ナビ(つぎなび)」を観光業やサービス業などに携わる企業、自治体に向けて提供する。

 次ナビは、位置情報と連動した情報配信機能、システムの運用、利用者行動分析などのサービスをNTTドコモが提供するというもの。

 次ナビを利用することで、携帯電話の位置情報と連動したコンテンツ、統計情報に基づいた推奨スポット情報、周辺地図情報などを提供できるという。また、顧客の属性や行動パターンを分析し、マーケティング活動にも役立てられるとのことだ。

 次ナビの対応キャリアは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社。ブラウザ版の対応機種は、Flash 1.1以上に対応したNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話端末。iアプリ版は、DoJa 5.0以上かつメガiアプリ対応のNTTドコモの携帯電話端末となる。

 なお、NTTドコモは2008年1月11日から3月30日までの期間、位置情報を活用したターゲティング情報配信に関する実証実験を実施している。モニター参加者の利用状況や行動履歴などから、位置情報と連動した情報配信やレコメンドの有効性が確認できたため、今回のサービス提供に至ったという。

 サービス利用料金は利用条件によって異なるが、6カ月以上の契約時の場合、ASP初期登録料金は200万円から、ASP月額利用料金は65万円からとなる。

090330_docomo_s.jpg 旅行ガイドブックを取り扱う出版社が、ガイドブックの代替として、旅行者向けに観光情報配信サービスを提供した場合のサービス利用例(※画像をクリックすると拡大表示します)

-PR-企画特集