logo

ドコモ、“手になじんだ石けん”をイメージした「らくらくホン ベーシックII」を発売

松田真理(マイカ)2009年03月30日 18時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは4月9日、通話、メール、iモードなどの使いやすさにこだわった「らくらくホン ベーシックII」の販売を開始する。ボディは、グラフィックデザイナーの原研哉氏が「手になじんだ石けん」をイメージしてデザインしたという。

 液晶画面は、従来の「らくらくホン ベーシック」に比べ約1.5倍の明るさを備えており、40ドットの文字が表示可能だ。カメラには、被写体にカメラを向けると自動でピントを合わせる「おまかせオートフォーカス」機能を搭載した。

 そのほか、周囲の声が聞き取りやすい「スーパーはっきりボイス2」、相手の声がゆっくり聞こえる「ゆっくりボイス」、持ち上げて傾けると自動的に背面液晶が点灯する「おまかせバックライト」、環境に合わせて着信音量を自動調節する「おまかせでか着信」などの機能もある。

 カラーは、メタルシルバー、イブニングブルー、ロゼ、レッドの4色。

「らくらくホン ベーシックII」 「らくらくホン ベーシックII」

-PR-企画特集