ICT競争力世界ランキング、日本は17位へ上昇--世界経済フォーラムが格付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スイスのジュネーブに本拠を置き、世界の政治指導者や経営者、知識人、ジャーナリストらが参加する国際会議を「ダボス会議」を主催する非営利財団世界経済フォーラム(WEF)は3月26日、2008〜2009年のICT競争力の世界ランキングを発表した。

 WEFの報告書によると、世界134カ国・地域におけるICT国際競争力のトップはデンマーク。次いでスウェーデンがランクインし、デンマーク同様3年連続でトップ2カ国の座を維持した。

 以下、3位の米国、4位のシンガポールは、前回ランキングからともにワンランク上昇。一方、前回3位のスイスが2ランクダウンの5位となった。

 また、日本は前回19位から17位にランクアップ。全体の評価項目のなかでは、「ブロードバンド接続料金」「地方におけるICTの普及度」が世界トップの格付けを受けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加