logo

任天堂の岩田社長、GDCで基調講演--新タイトル、Wiiのシステムアップデートを発表

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、佐藤卓、長谷睦2009年03月26日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE サンフランシスコ発--米国時間3月25日午前、任天堂社長の岩田聡氏は当地で開催中の「Game Developers Conference」(GDC)で基調講演を行った。新たなニュースは少なかったものの、任天堂のゲーム設計戦略に関する逸話が披露されると、満員の会場は盛り上がった。

 講演を前に任天堂が口をつぐんでいたため、出席者の多くは同社がまったく新しいゲームや、はたまた新しいハードウェアなど、何か大きな発表を行うのではないかと期待していた。しかし終わってみると、岩田氏からのニュースは新作ゲーム3作と、「Wii」の「バーチャルコンソール」向けストレージインフラ拡大にとどまった。

任天堂社長の岩田聡氏 任天堂社長の岩田聡氏
提供:James Martin/CNET Networks

 ゲーム3作のうち1つは、「ニンテンドーDS」向けリズムゲーム「Rhythm Heaven」で、岩田氏によると、これは日本ですでに約170万本売り上げているゲーム(「リズム天国ゴールド」)の米国版だという。任天堂は出席者した全員にこの新作ゲームを1本ずつ提供し、満員の観衆を喜ばせた。

 任天堂はさらに、「Wiiウェア」ゲームの新作「Rock 'n Roll Climber」をリリースする。Wiiのコントローラーと「バランスWiiボード」を使い、ロッククライミングの動作をシミュレートするゲームだ。ただしタイトルにあるロックンロールの要素は、岩壁を制覇した際に、プレーヤーがゲーム内でデジタルギターを手に取り、少しだけ速弾きを披露するシーンに限られているようだ。

Rock 'n Roll Climber 「Wiiウェア」ゲームの新作「Rock 'n Roll Climber」
提供:James Martin/CNET Networks

 任天堂がこの講演で披露した最後のゲームは、ゼルダの伝説シリーズのDS向け新タイトル「The Legend of Zelda: Spirit Tracks」だった。岩田氏によると、これは2009年中に発売される予定だという。

 そしてさらに、岩田氏は任天堂がアーケードゲームの名作を集めた「Virtual Console Arcade」をリリースすると発表した。また、ファイナルファンタジーシリーズについては、Wiiウェア向けに「My Life as a Darklord: Final Fantasy Chronicles」「Final Fantasy IV: The After Years」が、そしてバーチャルコンソール向けにはオリジナル版の「Final Fantasy」がリリースされるという。

 講演で言及された最後の新情報は、「Wii System Menu 4.0」の発表だった。現行のWiiメニューがアップデートされて「SDカードメニュー」が追加され、通常のSDカードより高容量のSDHCカードに対応したほか、ゲームの保存と読み込みをSDカードに直接行えるようになった。SDカードメニューでは、最大で1枚に240のチャンネルを表示できる。

-PR-企画特集