ハイビジョン動画も撮れる女性向けデジタル一眼--パナソニック「LUMIX DMC-GH1K」発表

坂本純子(編集部)2009年03月25日 22時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは3月25日、デジタルハイビジョン動画も撮影できるデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-GH1K」(デジタルカメラレンズキット)を4月24日より発売すると発表した。価格はオープンで、市場想定価格は15万円程度という。

 LUMIX DMC-GH1Kは、昨年10月に発売したマイクロフォーサーズシステム規格に準拠したデジタル一眼カメラ「DMC-G1」の後継機だ。小型・軽量、可動式液晶モニタや「おまかせiA」によるカンタン操作などの機能を基本とし、新たにハイビジョン動画撮影に対応した。

 フルタイムオートフォーカスにより、ボケ味などデジタル一眼カメラならではの表現力を動画撮影でも再現できるのが特徴だ。新開発4/3型1210万画素「Live MOS センサー」を搭載。高感度撮影時のノイズも低減し、静止画の性能も向上させたとしている。

 製品に付属する新開発のレンズ「LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.」は、高精細ハイビジョン動画撮影にも最適化されており、動画撮影時のオートフォーカスや滑らかな絞り動作にも対応している。動画は、AVCHDとMotion JPEGの2方式で撮影可能だ。

 AVCHD方式で撮影した動画はハイビジョンテレビ「ビエラ」やBDレコーダー「ディーガ」などのAV機器で再生や保存でき、大画面で動画を楽しめる。

 カラーは3色で、前モデルと同じ色味のコンフォートブラック、コンフォートレッドに加え、新たにコンフォートゴールドが登場した。

 このほかにも、マイクロフォーサーズ用交換レンズとして広角ズーム(型番:H-F007014、価格:12万4950円、LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.)、標準ズーム(型番:H-FS014045、価格:3万6750円、LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.)、高倍率ズームレンズ(型番H-VS014140、価格:10万6050円、LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.)が発表された。

「LUMIX DMC-GH1K」 「LUMIX DMC-GH1K」

 パナソニック デジタルAVCマーケティング本部本部長の西口史郎氏は、「景気が厳しいと言われるが、テレビなどデジタル家電の市場は好調だ。デジタル一眼の市場も好調に推移しており、2009年の実績は前年度比で117.4%。今後も確実に成長を続ける市場だと見ている。有望な市場に製品を投入し、販売を拡大していきたい」と語った。

 CMキャラクターには、樋口可南子氏率いる「女流一眼隊」を引き続き起用する。コンパクトデジタルカメラからのステップアップ層を拡大させたい考えだ。

 「DMC-G1はデジタル一眼の概念を変え、小さい、軽い、簡単へと生まれ変わった。ステップアップを躊躇していた女性にも楽しさを実感してもらえるようになり、女性ユーザーの拡大は大成功を収めた。イメージが大きく変わったことを示す調査結果が上がってきている」と狙い通りのターゲットを獲得していることをアピールした。

「女流一眼隊」の5人のメンバー。左から、森木美和、鈴木慶江、樋口可南子、鳥居かほり、高橋まりの 「女流一眼隊」の5人のメンバー。左から、森木美和、鈴木慶江、樋口可南子、鳥居かほり、高橋まりの
樋口可南子氏は、CMのロケが行われた沖縄で、撮影の合間にも撮っていたという。片手で持てる手軽さが嬉しいとアピールした 樋口可南子氏は、CMのロケが行われた沖縄で、撮影の合間にも撮っていたという。片手で持てる手軽さが嬉しいとアピールした
  • このエントリーをはてなブックマークに追加