ビジネスマナーの勉強、自分からした?させられた?

アイシェア rTYPE リサーチ2009年03月25日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社会人になると必要性を痛感するビジネスマナー。ネットユーザーはどのように身に付けたのだろうか?20代から40代を中心とするネットユーザーに調査を実施、有効回答数404名のうち、仕事をしたことのある374名の回答を集計した。

 ビジネスマナーについて勉強したことがあるとしたのは61.2%(229名)。男女差はなかったが、年代別に見ると、30代で65.5%と20代、40代よりやや高めだった。

 勉強したことがあると答えた人にビジネスマナーを勉強したきっかけについて聞いたところ、「会社や学校で勉強しなければならない状況だったため」が52.0%で最も多く、次いで「社会人になるから」が23.1%、「自分のマナーが心配になったから」が17.5%といった順だった。

 トップの「会社や学校で勉強しなければならない状況だったため」は、男女差はなかったが、年代別に見ると、20代が44.2%、30代が51.3%、40代が60.5%と年代が上がるほど高くなっている。

 一方、「社会人になるから」は20代の32.5%を占め、年代が低いほど割合が上がった。20代は会社や学校などで勉強しなければならない状況が少ない分、社会人になるにあたり自ら危機感を抱いて勉強する人が多いのかもしれない。

 さらに、具体的にどのようにビジネスマナーを勉強したかを複数回答形式で聞くと、「ビジネスマナー講座や講習会」が66.8%で性別・年代別を問わずトップ。以下、「ビジネスマナー本」が45.4%、「ビジネスマナーについて書かれたサイト」が17.5%、「雑誌」が9.2%といった順。

 年代別に見ると、20代では「ビジネスマナーについて書かれたサイト」が26.0%、30代は「ビジネスマナー講座や講習会」が71.1%、40代は「ビジネスマナー本」が53.9%と他の年代より高めだった点が特徴的だった。

 20代は「インターネット」、40代は「本」の割合が高いという特徴が出ている。社会人になる際に学ぶことの多いビジネスマナーだけに、インターネットが普及した後に社会人となった20代と普及前に社会人となっている40代、その情報入手経路の違いによる差なのかもしれない。

 続いて、現在、自分のビジネスマナーに自信があるかと聞くと、「自信がある」としたのは7.4%だが、「少し自信がある」が41.0%で、合わせると半数弱の48.5%が自信あり。特に40代は「自信がある」が11.8%を占め、「少し自信がある」も51.3%で、20代・30代を大きく上回っていた。

ビジネスマナーを勉強したきっかけ

 調査はブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加