組織への脅威のトップは「DNSキャッシュポイズニング」--IPA調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA/ISEC)は3月24日、2008年にIPAに届けられた情報や一般に公開された情報を基にまとめた資料「10大脅威 攻撃手法の『多様化』が進む」を公開した。資料はIPAのサイトから無料でダウンロードできる。

 インターネットの利用における脅威の中から、2008年に「印象が強かったもの」「社会的影響が大きいもの」などを投票してもらい、10大脅威を選んだ。また、それぞれの脅威の概要や問題の経緯、被害状況、対策状況、対策方法などもまとめている。

10大脅威 IPA/ISECがまとめた「10大脅威」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加