電子文書の認証情報を管理する「ContentsGate」、日立ソフトが開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは、企業内の電子文書の取り扱いを一元的に管理するコンテンツ承認基盤ソフト「ContentsGate」を4月1日に発売する。標準価格は、ContentsGate Base 1サーバライセンス(10アカウント付き)が367万5000円。

 ContentsGateは、企業内の電子文書の承認機能や文書のファイル変換機能などを備えた、文書の認証情報を一元管理するソフト。承認された文書を自動的に暗号化、PDF化し、申請や承認のログを記録することで、コンプライアンスが強化できるという製品だ。

 また、他のセキュリティ製品と連携することで、コンテンツ単位の持ち出しを制御できる。連携の第1弾として、電子メールによる持ち出しを管理する「ContentsGate for Mail」を提供する予定だ。これはクリアスウィフトと共同開発したもので、ContentsGateで文書のメール送信が申請、承認されると、その承認結果に基づいて添付ファイルを送信制御するというもの。メールからの情報漏えいを防止するのが狙いだ。

 今後は日立ソフトの情報漏洩防止ソリューション「秘文」を中心に、各種セキュリティ製品との連携を拡大し、ユーザーの操作ミスや判断ミス、悪意のあるユーザーの不正操作などのリスクに強いセキュリティ環境を提供するとしている。また、文書管理システムやファイルサーバなどと連携し、コンテンツ管理のためのリソース削減も狙うとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加