logo

ターボリナックス、WindowsとLinuxの混在環境でシングルサインオンできる新製品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは、Windows、Linuxの混在環境でユーザー認証を統合する新製品「Linux Connector for Active Directory」を4月27日より販売する。また、3月11日よりパブリックベータ版を公開している。

 この製品は、マイクロソフトと包括協業契約に基づいて生まれた製品。Linuxにインストールすることで、WindowsとLinuxの混在環境でも、Windowsのディレクトリ・サービス「Active Directory」による1つのユーザーID/パスワードでのシングルサインオンが可能だ。PCやメールサーバ、ファイルサーバ、プリンタ、ネットワークなどにアクセスできる。

 混在環境における管理や運用作業の負荷を減らして運用コストを削減できるほか、ユーザー側も1回の認証で許可されたすべての機能を利用できることから、システムの利用効率化にもつながるとターボリナックスは説明している。

 1つのドメインに接続するLinux OS数により料金が異なる。Linux OSが5つまで利用できる「Linux Connector for Active Directory」は年間9万8000円、インストール無制限の「Linux Connector for Active Directory Unlimited」は年間29万8000円だ。商用パッケージ製品には、インストールCDのほか、サポートガイドなどのドキュメント、製品サポートが含まれる。

-PR-企画特集