登録PC以外はデータを読み込めないUSBメモリ、エムコマースから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エムコマースは3月11日、指紋認証USBフラッシュメモリの新製品「Biocryptodisk iSecure-ProX」を販売開始した。新たに利用端末の使用制限機能を追加している。

 BioSlimDiskシリーズは、指紋認証とデータ自動暗号化機能を搭載し、専用ソフトやドライバが不要なUSBフラッシュメモリ。今回発売された新製品は、第5世代目の機種となる。

 iSecure-ProXでは、従来製品との上位互換性を保ちながら暗号強度をAES-256へ向上し、USBメモリから利用端末の制限ができる機能を新たに追加した。利用端末制限は、オプションソフトウェアである「利用端末登録管理ユーティリティ」との連動によって実現する。

 USBメモリのデータ読み書きを許可する端末の固有情報を、あらかじめiSecure-PorXへ登録しておくことで、登録されていない端末に接続してもメモリ内のデータを読み書きできないようにする。これにより、重要なデータの不正コピーを未然に防ぐことが可能になるという。

 また、iSecure-ProX内のフラッシュメモリにLinux OSやアプリケーションを搭載し、USBブートデバイスとして利用することもできる。PCにiSecure-ProXを接続して指紋認証することにより、シンクライアント環境を実現できるという。

 OS起動前に指紋認証ができ、接続先のクライアントPCのハードディスクには一切アクセスをしないため、高度なセキュリティ環境を実現できるとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加