logo

マイクロソフト、月例パッチで「Windows 7 Beta」の脆弱性も修正

文:Ina Fried、Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年03月12日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月例パッチの世界にようこそ、Windows 7。

 Microsoftは米国時間3月10日、ベータ版「Windows 7」のアップデートを公開し、緊急レベルのセキュリティホールに対処した。このセキュリティホールは、ユーザーが悪意のある画像ファイルを表示した場合、そのコンピュータがリモートから乗っ取られるというリスクを生じさせるという。

 この公開されたパッチは、Microsoftの月例パッチの一部としてリリースされたが、同パッチがWindows 7をアップデートするという事実は強調されていなかった。2009年3月のセキュリティ情報は、影響を受けるソフトウェアとしてWindows2000、XP、Vista、Server 2003、Server 2008のみを挙げており、同社が5日にリリースした事前情報には言及がなかった。

 しかし、ベータ版Windows 7、ベータ版Windows Server 2008 Service Pack 2、ベータ版Windows Vista Service Pack 2については、同アップデートに関するセキュリティ情報(MS09-006)に付随するFAQの部分で言及されている。

 Microsoftの広報担当者は、影響を受けるソフトウェアにWindows 7を入れなかったのは、ベータ版のためと語った。

 Windows 7用パッチの存在は11日に入ってArs Technicaにより報じられていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集