logo

ID詐欺マルウェア、2008年は1000万人以上に被害--Panda Security調査

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年03月11日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2008年に世界中で1000万人以上のインターネットユーザーが、ID詐欺に関連したマルウェアの被害を受けた。セキュリティ企業Panda Securityが新たに見積もりを発表した。

 銀行口座情報を盗む「banker Trojans」のような、ID詐欺で利用可能な個人情報や金融情報を盗むために設計されたアクティブなプログラムに感染したコンピュータの数は、2008年前半から後半に800%まで急増した、と同調査は報告している。

 PandaLabsが2008年の同調査で分析した6700万台のコンピュータのうち、感染したコンピュータの35%が最新のウイルス対策ソフトウェアをインストールしていた。同調査によると、ID詐欺マルウェアの攻撃にさらされたユーザーの数は世界中のインターネットユーザーの人口の約1%であるという。

 研究者は、過去14カ月のトレンドを基に、2009年は感染率が1カ月あたり336%上昇すると予測している。

ウイルス感染率のグラフ 提供:Panda Security

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集