マイクロソフト、Bluetooth対応のノート向け4ボタンレーザーマウス発売へ

坂本純子(編集部)2009年03月09日 15時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは3月9日、Bluetooth対応の4ボタン搭載レーザー方式マウス、「Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000」を3月27日より発売すると発表した。価格は4935円(税込み)。

ドライバ不要。Bluetooth搭載PCなら接続は簡単 ドライバ不要。Bluetooth搭載PCなら接続は簡単

 本体は、高さ36mm×幅56mm×奥行き91mmと小型で、重さは約88g(単4アルカリ乾電池2本含む)。持ち運びやすいよう、専用のポーチが付属する。

 ドライバのインストールは不要で、Bluetooth対応のPCであればペアリングするだけで使用できる。Bluetoothのドングルは付属しない。

 Windows XP、Vistaほか、Mac OSにも対応するが、Mac OSではサイドボタンは動作しない。電池残量が少なくなると、「バッテリステータスインジケーター」が光って知らせてくれるという。

 Bluetoothはver.2.0に対応。2.4GHzのBluetoothワイヤレスで、約10mまで離れて使用できる。スキャン速度は6000fps、解像度は1000dpiだ。

 コンパクトサイズながらも、マイクロソフトが得意とする手になじむエルゴノミクス(人間工学)デザインだ。左右どちらの手にもフィットする形状で、快適な使い心地を追求したとしている。

専用のポーチが付属する「Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000」 専用のポーチが付属する「Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000」
単4乾電池2本で駆動する。電池はマウスの裏から入れ替えられる 単4乾電池2本で駆動する。電池はマウスの裏から入れ替えられる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加