logo

マイクロソフト、3月の月例パッチで3件の脆弱性に対処予定

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一2009年03月06日 13時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月5日、3月の月例パッチ(毎月第2火曜日に最新パッチを公開)で3件のセキュリティ更新プログラムを公開するという事前通知を発表した。うち1件は深刻度が「緊急(Critical)」とされており、攻撃者がコンピュータを乗っ取る危険性がある。

 同社の事前通知によると、緊急とされているこの更新プログラムは「Windows 2000」「Windows XP」「Windows Vista」「Windows Server 2003」「Windows Server 2008」に影響する。

 残り2件のアップデートは深刻度が「重要(Important)」で、攻撃者が別人を装う「なりすまし」に利用される危険性に対処する。このうち1件の更新プログラムは現在サポートされているWindowsの全バージョンに影響があり、もう1件はWindows 2000、Windows Server 2003、Windows Server 2008に影響する。

 今回事前通知が発表されたセキュリティ更新プログラムには、「Microsoft Office Excel」の脆弱性に対する修正が見あたらない。この脆弱性に対してはゼロデイ攻撃が発生している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集