安心できるクレジットカード利用環境の構築を--セキュリティ各社が協議会を開設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ・セキュリティなどが3月5日、クレジットカード情報の保護を推進する「日本カード情報セキュリティ協議会(Japan Card Data Security Consortium:JCDSC)」の準備事務局を開設した。

 JCDSCは、日本国内におけるクレジットカード情報の保護について情報を交換するとともに、参加企業が連携するのが目的だ。準備事務局にて参加企業をとりまとめ、4月の設立に向けて運営委員会を設置する計画。この活動により、クレジットカード情報を高いレベルで保護し、消費者が安心して利用できるクレジットカード環境を拡大していきたい考えだ。

 準備事務局は、NTTデータ・セキュリティが代表となり、BSIマネジメントシステム ジャパン、三和コムテック、日本オフィス・システムが参画する。このほか、eCURE、NRIセキュアテクノロジーズ、兼松エレクトロニクス、国際マネジメントシステム、シマンテック、住商情報システム、ソフトバンク・テクノロジー、テュフ・ラインランド・ジャパン、日本アイ・ビー・エム、ブロードバンドセキュリティ、ラックが参加を表明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加