logo

シャープ、フルHD画質のままで7倍録画できる「AQUOSブルーレイ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは3月4日、フルハイビジョン画質のまま7倍の長時間録画ができる「AQUOSブルーレイ」4機種を発表した。

 ダブルデジタルチューナーを搭載した、「BD-HDW40」「BD-HDW35」「BD-HDW32」とシングルデジタルチューナーモデルの「BD-HDS32」がラインアップされる。発売日はBD-HDW40/35/32の3機種が3月27日、BD-HDS32は4月27日。価格はオープンとなる。

 高画質・高効率圧縮技術「MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダー」方式による長時間録画は、7倍の「フルハイビジョン高画質7倍録り」へとパワーアップ。2層(50Gバイト)のBlu-ray Discに、最長で約30時間超の録画が可能だ。シャープによると1枚のBlu-ray Discに録画できる時間は世界最長になるという。なお、「2倍モード」や「3倍モード」での録画時は、番組連動データとサラウンド音声をそのまま記録できる。

 ダブルチューナーモデルにはデータ送受信が可能なUSB端子を備え、AVCHD方式のビデオカメラで撮影したHD映像をHDDに取り込んだり、Blu-ray Discに保存したりできる。また、BD-REディスクに予約情報を書き込める「BDディスク予約」機能を搭載しており、Blu-ray Discレコーダーを内蔵した液晶テレビ「AQUOS DX」シリーズと連動して利用することも可能だ。

 全機種ともに、2009年春以降発売の液晶テレビAQUOSと組み合わせることにより、レコーダーで再生する映像に応じてテレビが最適な画質に自動的に切り替わる新「AQUOS純モード」を搭載。対応するテレビやオーディオが、1つで操作できる「ファミリモコン」も付属する。

  • BD-HDW40(HDD:1Tバイト、店頭想定価格:21万円前後)
  • BD-HDW35(HDD:500Gバイト、店頭想定価格:16万円前後)
  • BD-HDW32(HDD:320Gバイト、店頭想定価格:13万円前後)
  • BD-HDS32(HDD:320Gバイト、店頭想定価格:10万円前後)
「AQUOSブルーレイ」 「BD-HDW32」(左上)、「BD-HDS32」(右上)
「BD-HDW40」(左下)、「BD-HDW35」(右下)

-PR-企画特集