logo

日本エイサー、16:9対応のDLP方式ホームプロジェクター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは3月2日、DLP方式のホームプロジェクター「H5350」を3月6日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

 アスペクト比16:9のワイドフォーマット出力に対応、映画などのワイドフォーマット映像を縮小せずに表示できるほか、独自の「Color BoostII テクノロジー」で、より自然な肌色や白色を表現することができる。また、消費電力や光源ランプのコスト削減に加え、ノイズの低減も可能な「エコモード」も備える。

 解像度は1280×720画素、画面サイズは26-300インチ。本体サイズは幅267×高さ80×奥行き187mm、重さ2.3kg。映像入力端子は、HDMI、ミニD-sub15ピン、コンポジット、S-Video端子、ステレオミニジャックなど。

日本エイサー=http://www.acer.co.jp/

-PR-企画特集