ソニー、リモコンから電子決済ができるBRAVIA--4倍速駆動も採用へ

加納恵(編集部)2009年03月02日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月2日、リモコンにFeliCaポートを搭載した「BRAVIA W5/F5」シリーズを発表した。リモコン操作だけでEdyやeLIOなどの電子決済が可能になる。発売は4月24日から。価格はオープンとなる。

 W5シリーズは40型、46型、52型の3サイズ、F5シリーズは32型、40型、46型の3サイズで、計6機種がラインアップされる。いずれも4倍速(32型は倍速駆動)動画表示を採用した。

 FeliCaポートは同梱の「おき楽リモコン」下部に標準装備され、対応カードや携帯電話をかざすことで、電子決済ができるという仕組み。ソニーでは「今までカード番号の入力が面倒だったり、セキュリティ面が心配だったりしたユーザーに向けて、簡単・安心な購入決済をサポートできる」と利用シーンを想定している。

 全機種ともに、テレビ向けネットサービス「アクトビラ ビデオ・フル」に対応しているため、有料コンテンツの購入などに利用して欲しいとのこと。これに合わせアクトビラでは、4月初旬から電子マネー決済サービスを開始する予定だ。

 W5シリーズは、地上、BS、110度CSデジタル×2、地上アナログ×1を搭載したダブルチューナータイプ。F5シリーズは地上、BS、110度CSデジタル×1、地上アナログ×1を搭載したシングルチューナータイプとなる。

 家庭内LANを介して、他の機器に保存されたコンテンツを別の部屋で視聴できる「ソニールームリンク」機能や周辺機器の操作がおき楽リモコンのボタンでできる「ブラビアリンク」など、リンク機能も充実。電源オフ時の電力をほぼ0Wに抑える「省エネスイッチ」など環境性能も備える。

  • KDL-52W5(店頭想定価格:45万円)
  • KDL-46W5(店頭想定価格:37万円)
  • KDL-40W5(店頭想定価格:29万円)
  • KDL-46F5(店頭想定価格:35万円)
  • KDL-40F5(店頭想定価格:27万円)
  • KDL-32F5(店頭想定価格:16万円)
BRAVIA W5シリーズ BRAVIA W5シリーズ
BRAVIA F5シリーズ BRAVIA F5シリーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加