ソニー、デジカメ画像にGPS位置情報をつけられるGPSユニット「GPS-CS3K」

加納恵(編集部)2009年02月26日 15時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは2月26日、位置情報や移動した軌跡を記録する携帯型のGPSユニット「GPS-CS3K」を発表した。カメラとともに携帯すれば、撮影画像にGPS位置情報を付けることができる。発売は3月13日から。価格は1万8900円となる。

 約70gの本体には、128Mバイトの内蔵メモリとメモリースティック デュオ/SDメモリーカードスロットを装備。単3乾電池1本で駆動し、アルカリ乾電池を使用すれば最大約15時間の操作が可能だという。

 撮影した画像と軌跡は、付属ソフトウェアの「PMB(Picture Motion Browser」を利用することで、Google Earth上に表示できるほか、画像共有サイトPicasaを使用して、地図上に表示した静止画を家族や友人と共有できるとのことだ。

 GPSユニットとパソコンをUSB接続することで、RAW画像データに位置情報を付加することも可能だという。

「GPS-CS3K」 「GPS-CS3K」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加