logo

海外の飛行機内でソフトバンクケータイが使える「機内ケータイ」サービス、3月18日から

松田真理(マイカ)2009年02月25日 18時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは3月18日より、海外を飛行する航空機内で携帯電話が利用できる「機内ケータイ」サービスを提供する。英国の通信事業者であるAeroMobile ASとのローミング協定締結によって実現したといい、国内の携帯電話事業者としては初のサービスになるとのことだ。

 機内でも、日本で利用しているのと同じ電話番号で発信や着信、SMSなどが利用可能だ。AeroMobile ASのサービスに対応するエミレーツ航空、マレーシア航空の航空機内が対象となる。そのほかの航空会社の機内でも、準備が整い次第、提供するとのことだ。

 利用料金はAeroMobile ASの場合、1分ごとに発信が650円、着信が800円となる。SMSは1通ごとに送信料180円。受信料は無料だ。対応機種は、3Gエリア専用機種を除く、「世界対応ケータイ」対応機種。機内ケータイサービスの申し込みは不要だが、世界対応ケータイの利用申し込みが必要になる。

-PR-企画特集