logo

アフィリエイトのファンコミュニケーションズが回復基調--2008年6月以来の株価10万円台に - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年12月期は回復色が強まる。連結経常利益は前期比10.8%増の10億7000万円と、3期ぶりの増益を計画している。2008年の年末はEコマースなど消費の巣籠り化が活況を呈しており、下火となっていた個人のブログ活用が再度、盛り上がっている。連れてファンコミュニケーションズの展開するアフィリエイトサービスも成果報酬が回復基調に入っているという。

 2007年7〜9月をピークに減少が続いていたアフィリエイトサービス会員数(サイト運営者数)は2008年10〜12月、ついに増加に転じた。また、2月16日に発表した1月の月次売上高は前年同月比33%増と大幅に増加。今期は業績回復色がより、明確になっていきそうだ。

 株価は2月に入ってから業績の回復色が表面化し、急上昇しているが、それでも時価は株式公開当時の数分の1の水準。業界トップ級の規模を誇るファンコミュニケーションズは、アフィリエイト各社の中でも選別的に物色される可能性がある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]