社内サーバのファイルもケータイで閲覧、印刷が可能--富士フイルムの新サービス

永井美智子(編集部)2009年02月23日 18時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムと富士ゼロックスは、携帯電話から社内のファイルサーバにある資料やメールなどを閲覧できるサービス「beat ケータイリモートサービス」を2月23日より開始したと発表した。富士ゼロックスが展開するネットプリントサービスを利用してコンビニエンスストアの複合機で印刷できる点が特徴だ。

 富士ゼロックスは、中小規模事業所向けにファイアウォールやウイルス対策などを施したインフラを提供するアウトソーシングサービス「beat/basic サービス」を展開している。今回のサービスはこのbeat/basic サービスに富士フイルムが新たに開発した高精細・高速ドキュメントビューア技術「Keitai Remote」を連携させることで実現した。

 beat/basic サービスで管理する社内のファイルサーバやサイボウズ Office 7に携帯電話からアクセスして、ドキュメントを閲覧できる。Microsoft OfficeのWord、PowerPoint、PDF、DocuWorksのほか、JPEG、PNG、GIFの画像が閲覧可能だ。ただし、印刷可能でない文書や、パスワードが設定されている文書、マクロが有効でないと開けない文書、保護されたシートを含む文書などは閲覧できないとのこと。Excel文書については、シート設定などの条件によっては閲覧できない場合があるため保証外とのことだ。閲覧可能ファイルサイズの上限は10Mバイトとなっている。

 このほか、オフィスに届いた自分宛てのメールを閲覧、返信することも可能。添付ファイルも開ける。

 NTTドコモのFOMA端末、auのEZアプリ対応端末、ソフトバンクモバイルの第3世代機種でYahoo!ケータイ S!アプリに対応している端末であれば利用できる。また、富士ゼロックスのネットプリントサービスを利用し、全国のセブン−イレブンの複合機で資料を印刷することも可能だ。

 beat ケータイリモートサービスの料金は、標準価格で10利用者まで月額5000円。また、月額の基本料金が1万8800円のbeat/basic サービスと、初期費用6万円のbeat/basic 初期登録サービスの契約が必要になる。

beat ケータイリモートサービス beat ケータイリモートサービスの構成図
  • このエントリーをはてなブックマークに追加