logo

ネット広告続伸、総広告費は5年ぶりに減少--電通発表「2008年日本の広告費」

鳴海淳義(編集部)2009年02月23日 16時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は2月23日、2008年の日本の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2008年(平成20年)日本の広告費」を発表した。

 日本の広告費は6兆6926億円で5年ぶりに減少(前年比4.7%減)。媒体別では新聞広告費(同12.5%減の8276億円)が大きく減少し、テレビ広告費(同7.6%減の1兆9092億円)も振るわなかった。新聞、テレビ、雑誌、ラジオのマスコミ4媒体広告費は4年連続して前年を下回った。

 一方、インターネット広告費は前年比16.3%増の6983億円と続伸し、総広告費の10.4%を占めた。2009年には初めてインターネット広告費が新聞を上回ると見られる。

 インターネット広告の媒体費は前年比17%増の5373億円。なかでもモバイル広告費(同47%増の913億円)、検索連動型広告費(同22.9%増の1575億円)などが伸びた。

 衛星メディア関連広告費もBSデジタル放送などが伸びたことで、前年比12.1%増の676億円となった。

2008年(平成20年)日本の広告費「2008年(平成20年)日本の広告費」媒体別広告費(クリックすると拡大します)

-PR-企画特集