logo

デリバリーサイト利用者の7割がリピート

アイシェア rTYPE リサーチ2009年02月17日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットを利用したデリバリーサービス、ネットユーザーはどのくらい利用しているのだろうか。20代〜40代を中心とする男女425名に注文経験、利用サイトについてなどを調査し、回答を集計した。

 インターネットを利用してデリバリー注文をしたことがあるかとの問いに「ある」と答えたのは全体の25.6%。男女別に見ると男性が22.6%に対し女性が28.9%でやや多く、年代別では30代・40代が25%台だった一方、20代では36.4%と利用率が高かった。

 インターネットデリバリーの注文経験がある人に、注文したことがあるものをすべて答えてもらったところ、90.8%が「ピザ」と回答。すべての性別・年代でもピザを注文したことがある人は90%前後に上り、宅配ピザはオンライン上でも人気の様子。「寿司」や「弁当」などデリバリーの定番を注文したことがあるとしたのは少数だった。

 同じくインターネットデリバリーの注文経験者に、そのサイトを2回以上利用したかを聞いたところ、30代で60.0%とやや低いものの、20代では 75.0%、40代では76.5%と4人に3人が「利用した」と答え、全体では67.9%がリピートしていた。

 さらにこの利用経験者に同じサイトを2回以上利用した理由を複数回答形式で答えてもらったところ、「会員登録したので情報入力なしに頼めるから」が59.5%で最も多く、「特典があるから(47.3%)」がそれに続いた。

 男女別では「会員登録したので情報入力なしに頼めるから」が男性が52.9%に対し女性が65.0%、「特典があるから」が男性が38.2%に対し女性では55.0%とそれぞれ10ポイント以上も高く、インターネットならではの利便性とオンラインクーポンをはじめとする特典のお得感が、多くの女性をリピーターにしているようだ。

 反対に、インターネットでのデリバリー経験がない人と、利用経験はあっても2回以上同じサイトを利用したことがない人にも理由として当てはまるものをすべて選んでもらったところ、29.1%が「サイトの情報が少ない」とし、「検索しにくい(16.2%)」「サイトの構成がわかりにくい(12.5%)」と回答。サイトの情報量や利用しやすさに何らかの不満を持った人が初回、あるいは2回目の利用につながらなかったものと推測される。

 調査はブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアが、同社の提供するサービス会員をパネラーとして行った。

インターネットデリバリーの注文経験者に、そのサイトを2回以上利用したか

-PR-企画特集