logo

ノキア、携帯用アプリケーションストア「Ovi Store」を発表--5月からサービス開始へ - (page 2)

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年02月17日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NokiaがOvi Store を発表する以前に、AppleはiPhoneや「iPod touch」向けアプリを提供している「App Store」で大成功を収めている。他のスマートフォンメーカーも時流に乗り、次々とアプリケーションストアを開設している。例えば、Googleは「Android」を搭載する携帯端末向けにアプリケーションストアを開設し、Research In Motion(RIM)も「BlackBerry」端末向けアプリストアの開設を計画中だ。また、Windows MobileオペレーティングシステムのメーカーであるMicrosoftも今週開催されているMWCで独自のアプリケーションストアを発表すると見られている。

 しかし、Nokiaのサービス&ソフトウェア担当エグゼクティブバイスプレジデントNiklas Savander氏は16日の記者会見で、Ovi Storeは他のアプリストアとは異なると語った。

 Savander氏は、「(Ovi Storeは)単にアプリケーションを見つける場所ではない」とし、さらに次のように続けた。「これはスマートストアだ。しかし、スマートフォンのためだけのストアではない。Ovi Storeは、ユーザーが気に入りそうなアプリを提案する。またソーシャルロケーションダイナミクスを追加し、ユーザーに関連のあるアプリを提示する。また、ユーザーの友人が何を購入したかも表示する。さらに、ユーザーの所在地に応じて在庫を変える」

 またOvi Storeが他のストアと異なる点として、Ovi Storeのサービスはスマートフォン向けアプリの提供に限定されない。最終的には、全てのNokia製端末から同ストアで何らかのアプリケーションが入手可能になる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]