logo

“想定以上の反響”があったため--ウィルコム、「どこでもWi-Fi」の発売日を3月5日に延期

松田真理(マイカ)2009年02月10日 17時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは、2月19日に予定していた「どこでもWi-Fi」の発売日を3月5日に変更すると発表した。「想定以上の反響があり、製品の供給に万全を期すため」としている。

 どこでもWi-Fiは、ウィルコム、バッファロー、三洋電機の3社が共同開発した無線LANアクセスポイントデバイス。ウィルコムのSIMカード「W-SIM」を搭載し、ウィルコムのPHSエリアであれば無線LAN機器を使った通信が可能だ。バッテリには三洋電機の単3形充電池「eneloop」を同梱する。

「どこでもWi-Fi」 「どこでもWi-Fi」

-PR-企画特集