マウスコンピューター、21.5型液晶をセットにしたデスクトップPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウスコンピューターは2月2日、デスクトップPCの新モデルとして低価格モデル「LUV MACHINES(ラヴマシーンズ)シリーズ」と、パフォーマンスモデル「MDVADVANCE ST シリーズ」を発売したと発表した。全モデルにiiyamaブランドの新製品であるフルHD対応の21.5型液晶ディスプレイ「ProLite E2209HDS-B」をセットにする。

 「LUV MACHINESシリーズ」では「Lm-A427B-PL22WHD」と「Lm-i450S-PL22WHD」をラインアップ。両モデルとも2GBメモリ、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows Vista Home Premium with SP1。

 価格は、CPUにAMD Athlon X2 5200(2.7GHz)、ビデオカードにATI RADEONHD 3200(オンボード)を搭載した「Lm-A427B-PL22WHD」が5万9580円、CPUにCore 2 Duo E7400(2.80GHz)、ビデオカードにグラフィックス・メディア・アクセラレータX4500HDを搭載した「Lm-i450S-PL22WHD」が6万9930円。また「Lm-A427B-PL22WHD」は、Windows XPモデルの選択も可能。

 「MDVADVANCE ST シリーズ」では、「MDV-AD6000S-PL22WHD」と「MDV-AD6200S-PL22WHD」をラインアップする。両モデルとも500GB のHDD、DVDスーパーマルチドライブ、ビデオカードにはNVIDIA GeForce 9800GTを搭載した。OSはWindows Vista Home Premium with SP1。

 価格は、CPUにCore 2 Quad Q9550(2.83GHz)、4GBメモリを搭載した「MDV-AD6000S-PL22WHD」が9万9750円、CPUにCore i7-920(2.66GHz)、6GBメモリを搭載した「MDV-AD6200S-PL22WHD」が11万9700円。なお、「MDV- AD6000S-PL22WHD」はWindows XPモデルの選択も可能。

 全機種BTOに対応しており、CPU、メモリ、HDD、ビデオカードなどのカスタマイズが可能。

マウスコンピューター=http://www.mouse-jp.co.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加