シャープ、省エネ率最大303%を実現した新「AQUOS Dシリーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは2月2日、業界No.1の省エネ性能を実現した、32、26、20型の地上、BS、110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「AQUOS(アクオス)Dシリーズ」を発表した。発売は2月20日から。

 各機種とも、本体のカラーバリエーションとしてブラック系、ホワイト系、レッド系の3色を用意し、3機種9モデルを発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は32型「LC-32DE5」が14万円前後、36型「LC-26D50」11万円前後、20型「LC-20D50」が9万円前後となる。

 新Dシリーズは、新開発の高画質LSIを搭載し、画像処理能力の高い、豊かな階調表現力による実現。また、新開発の1ビットアンプの採用により、自然でクリアな音質を再生するという。32型と26型には「サイドポート・バスレフ」方式を備える。

 こうした映像や音声の向上だけでなく、環境性能も飛躍的に高めたことが大きな特徴。電源回路の高効率化やバックライトの効率化など独自の省エネ技術により、32型では年間消費電力量66kWh/年(消費電力約60W)、省エネ達成率303%を実現した。

 また、26型は年間消費電力量65kWh/年で省エネ達成率238%、20型は年間消費電力量55kWh/年で省エネ達成率200%と、いずれにおいても業界No.1を達成したという。

 本体には、放送が終了したり、一定時間操作をしなかったりした場合に自動的に電源をオフにする「無信号電源オフ」「無操作電源オフ」機能、映像画面をつけず音声のみを聞く「映像オフ」機能といった節電機能を装備。部屋の明るさに応じてバックライトの輝度を最適化する「明るさセンサー」も備える。

 シャープでは、これらの新たな省エネ技術を順次大型サイズの新製品へ展開し、液晶テレビの更なる省エネ化に取り組むとしている。

「LC-32DE5」、「LC-26D50」、「LC-20D50」 「LC-32DE5」、「LC-26D50」、「LC-20D50」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加